読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそりと山内!

ひっそりと暮らす山内が、日々是前進を口癖に日常の発見を伝えます。

出店のお知らせ【3月5日合志市 竹迫初市】

全国の皆さん、こんばんは!

 

 

熊本県のヤマピーこと山内です。

 

 

さて、タイトルにもありますが、

 

3月5日(日)に合志市の竹迫にて開催される

 

【竹迫初市2017】に出店させていただきます。

 

f:id:candy531:20170302213032p:image

 

f:id:candy531:20170302213305j:image

 

 

今回は焼き芋の試食、カライモの販売を行います!皆さん奮ってお越しください(*^^*)

 

 

 f:id:candy531:20170302213051j:image

(新メニュー、焼き芋の盛り合わせ)

 

詳細はこちらからも確認出来ます。

https://faavo.jp/kumamoto/project/1878

(稗田君がイベントにてチャレンジしてます。ご協力お願いします^ ^)

 

 

それでは、全国のヤマピーファンの皆さん、お待ちしてますので是非、お越しください♫

 

 

 

 

 

今日のヒッソリーノ【カライモの知られざる栄養】

皆さんこんばんわ。

 

暦の上では春になりましたね。

 

立春とは、今日から春ですよという事ではなく春の気配を感じられるようになる日という事です。

 

というためになる話でお馴染みの山内です。

 

最近は、カライモ料理を探求してます。

 

それでは、ご覧ください。

 

①焼き芋

f:id:candy531:20170205194609j:image

 

②カライモのポタージュ

f:id:candy531:20170205194651j:image

 

おっとヨダレが落ちてしまいそうですね。

 

 

さてさて、タイトルにもありますがカライモの栄養についてお話しします。

 

 

皆さん、カライモといえばどんな栄養がありそうですか?

 

 

発表します。

 

 

実は…

 

 

 

美容と風邪対策でお馴染みのビタミンC

 

 

日本人が不足しがちなカルシウム

 

 

が多く含まれているのです。

 

 また、食物繊維も豊富ですので便秘にも効果的です。

 

 

もう体内に秘めておく必要はありません。

 

 

 

今日もたっぷり勉強になりましたね。

 

それではまた、次回に。

 

お相手はMr.山内でした。

 

今日のひっそり【正月の出来事とカライモ】

皆さん、こんばんは。

 

明けましておめでとうございます。

 

2017年も宜しくお願い致します。

 

さてさて、今日は1月1日ということで終日、家の中でゆっくりしました。

 

途中、江津湖から動植物園の象やキリンが見えるのではないかと思い家族ででかけましたが見えたのは檻と、飼育員1名だけでした。。。

 

残念。

 

 

 

動植物園は2月下旬より週末に限り部分公開していくそうです。

 

f:id:candy531:20170101235019j:image

 (写真は公園での1枚です。)

 

 

さて、

 

 コロンブスによって南米大陸から放たれたカライモですが、日本には1600年頃中国から沖縄へと伝わりました。その後、8代将軍徳川吉宗の時代に蘭学者青木昆陽によって全国に広められたと言われています。

 

ちなみに、

カライモとは唐芋と書き『唐』は中国を表しています。

また、サツマイモも薩摩芋と書き『薩摩』は鹿児島を表しています。

 

今日も大変勉強になりましたね。

 

それではまた会う日まで。

 

今日のひっそり【衝撃の第2話 カライモヒストリー】

皆さん、お疲れ様です。

 

疲れてない方もお疲れ様です。

 

疲れてる方は、ゆっくり休んでください。

 

 

 

というねぎらいの言葉でお馴染みの山内です。

 

 

 

 

今日は内容に入る前にこの写真をどうぞ。

f:id:candy531:20161221231255j:image

(これは、寒さ対策の為に大根にパオパオを被せている様子です。)

 

 

 パオパオは本当に暖かく、掛け布団にもってこいです。

 

 

さて

それでは、昨日から始まりましたブログ。

 

今日も始まります。

 

 

テーマは

 

【カライモヒストリー】です。

 

昨日のブログにて原産地は南米だとお伝えしましたが、どうやって世界に広まったのでしょうか?

 

実は、皆さんも知ってるあの方が関係しているのです!

 

その人物とは…

 

世界を代表する探検家こと

 

コロンブス氏です。

 

1492年にアメリカ大陸を発見したコロンブスが意欲に燃えたままカライモもヨーロッパへ持ち帰りました。

 

しかし、コロンブスの熱い気持ちとは裏腹にヨーロッパの涼しい気候では栽培に適さなかったようであまり広がりませんでした。

 

その後、ヨーロッパの植民地である栽培に適したアフリカ大陸やインド、東南アジアに持ちこまれたことで、世界中に広がったそうです。

 

 

 

…なんだかパオパオの響きが頭から離れなくなったところで今日のところはここまで。

 

今日も大変勉強になりましたね。

 

次回は、どんな人生に役立つ話が待っているのでしょうか?

 

それでは、ナイスな人生を。

 

ブログ 校閲:済

 

今日のひっそり【カライモの起源】

皆さんこんばんは。

 

熊本の農業界の山ピーこと、山内です。

 

遅くなりましたが

今日から公式ブログ【ひっそりと山内】を始めることになりました。

 

これから、日々の出来事や農業関連はたまた世界情勢についてなど更新していきたいと思います。

 

さて、記念すべき第1回ですが

タイトルにあります通り【カライモの起源】についてご紹介します。

 

原産地はなんと南米メキシコ!やペルー!など南アメリカ大陸だとされています。

 

しかしながら、現在の世界生産量は

1位 中国

2位 タンザニア

3位 ナイジェリア

(日本は14位)

 

となっており、中国が世界の6割強を占めています。

 

ちなみに日本国内では

1位 鹿児島県芋焼酎が有名)

2位 茨城県干し芋は国内の9割を占める)

3位 千葉県(…。)

 

そして、熊本県は6位でした。

 

 

話が起源から離れてきましたので今日のところはここまでです。

しっかり勉強になりましたね。

次は、一体何の話かはお楽しみに。